バケツと木綿糸

20120229-134352.jpg

学校から帰ると親の裁縫箱から頂戴した木綿糸と、バケツを持って近くの池に急ぐ、
後ろからは、2歳年下の弟が続く。
池の周りにはすでに友達が2、3人集まってゴソゴソと草むらで何かを探しているようだ。
着くなり弟にも、『おい、探せ』と命令して私も探しだす。

早い奴はもう支度に掛かっている、
『捕まえた!』探していたのはカエル、適当な大きさの蛙が見つかれば2人で使える。
私は捕らえた蛙を躊躇なく地面に叩きつける、可哀想に蛙は一撃で死ぬのだが、
構わず死んだ蛙の後ろ足を持って引き裂く、
2つに引き裂かれたカエルは木綿糸に後ろ足を縛られ池に投げ入れられる。

子供は残酷だ、殺される蛙の事など考えはしない、ただ遊びに夢中になってるだけ。

それを弟に持たせて置いて近くで適当な小枝を探し、片方の木綿糸に縛りつけて
作業は一段落なのだ。
もう、あちらこちらで獲物が釣り上げられている、
取り込み時にタモが要るのだがこれは持ってる奴から借りる。

…続く…

AM11:30

20120229-134555.jpg

突然に知恵ちゃんから一言『うなぎ』って連絡有りました。
まさに天の声

かぶれの木

20120228-180654.jpg

子供の頃、漆の木に触ってよくかぶれた。
近くに雑木林が有り、友達とチャンバラごっこしたり、
陣地を作っては遊んだ。

その頃は他に、する事がなく子供は皆、そう言う風に外で遊んだものだ。
近くに国道19号線が通っていたが、車は数えるほどしか通らなかったと思う。

皮膚が弱いのか、人より多くかぶれた、かぶれる度に母親には
『あそこで遊ぶからよ』と、怒られる。
(母親は漆の木をかぶれの木と呼んでいた、だから自然と私も
かぶれの木と呼んでいたと思う。)

そう言いながら、鍋に熱湯を沸かしそこに塩を入れ、手拭いを絞って
かぶれた処に当ててくれる。

痒いものだから、熱いけど気持ちが良かった。
押し付けるだけで、決して拭いたりはしない、拭けば痒みが増し悲惨に成るからだ。

少し温くなると自分でやらされた。
3日間くらいは痒みは引かず、酷い時はよく学校を休んだものだ。

母親も働いていたから、昼間は自分で塩湯を沸かして、痒みを止めた。

中学生になると、遊びが変わった事も有るのだろうが、かぶれなくなって
かぶれの木の事もすっかり忘れていた。

中学2年の時だと思った、学校で原因は多分かぶれの木だと、
思うが。
(学校の敷地内に古墳が有り雑木林の一画が有った)

酷くかぶれ、自分では慣れていたのでそれ程とは思わなかったが、
先生方が驚き、連絡しようにも電話がある訳でもなく、
一人で帰す訳にも行かず、町医者に連れて行ってくれた。

そこで医者の先生が、『酷いね、ペニシリン打っとくか』って
お尻に注射を打ってくれた。
そこから学校に戻ったのですが、注射の後は痒くもなく、みるみる間に
かぶれが引いて行ったのです。
びっくりしました、かぶれれば3日は痒みと痛みと闘わなければ治らなかった
と思ってましたから、

何だこれは!
医者に行けば直ぐに治るんじゃ無いか!
今までの辛い病がこんなに意図も簡単に治ることにショックを受け
母親を恨みました。

あれから半世紀、その母親も他界して8年、今はあの看病が懐かしく
愛おしい。
無知な母親でしたが、子にとって母親のする事は絶対でした、
何をされようが、絶対なのです。

今、親が子を虐待したり殺したりのニュースが流れる度、
子供はそんな親でも絶対の存在だったんだろうと思うと辛くて
辛くて…涙します。

あの頃、貧しかったけど、心は皆豊かだったと思う、何処で間違ったんだろうか。

猫の上前

20120227-210206.jpg
【ブロッコリーに群がるヒヨドリたち】
いよいよブログのネタが尽きた。
しかしダラダラと、歳を重ねてる訳でも無いので、探せば幾らでも出て来るには、
来るのだが、際どいネタが余りにも多い。

人生で、みじかで起こった殺人事件が3件、みじかでと言っても
近所のご主人がとか、町内でとかの類では無い。
昨日まで無駄話してた相手とか、友人が殺された話である。
残念ながらみじか過ぎて書けない内容なので書かないが、その中で未解決の
殺人事件が1件ある。

旅の道中で話した仲間はご存知と思うが、これを面白おかしく書けば、
所轄の刑事が飛んで来るので、ややこしくて書けない。

まぁ、興味のある人は会った時にでも聞いてもらえれば、面白おかしく
お話しましょう。

で、今日のネタはお題の通り、猫の上前をはねたお話。
もう15年も前になるが、我が家の飼い猫ミィーがベランダで雀を捕まえた。
飼ってる人はご存知でしょうが猫は獲物を捕らえると、飼い主に
見せに来る習性があるのである。

その日もすでに死んでしまった雀を自慢げに前脚で引っ掻いたり、そばえたり
しながら私の前を行ったり来たり。
皆留守で、私だけしか居ないので、

『やれやれ片付けなしゃぁないな!』と、
猫を追いやり息絶えた雀を包んでゴミ箱に入れようとしたのだが、
雀を握った柔らかな感触が、遠い昔を思い出させたのである。

カスミ網で獲った小鳥をである、知らぬ間に指は雀の毛を毟っていた。
それは酔うほどに懐かしい感触でほんの1分も掛からぬ間で、
もう手にはナイフが握られ腹を裂いていた。

ここまでくれば語らずともお判りだろうが、
美味しく懐かしい味を堪能させてもらった、帰宅した家族からは
散々、罵られたが、
けだもの~!って。
肝心のミィーからは、それ程、軽蔑の眼差しは感じられなかったな。

今になっても時折、罵られる事がある。まぁ、女は執念深い。

28日AM6:00
薬 やめて3日目  寒さの感じ方が違ってきた。

ウオーターキャリー

20120226-142948.jpg

今日は自宅で大人しくしていようと、思ってましたが、
思ってただけでした、 (o^^o)

【ヨシズ屋名西店】でショッピング。
写真のハイドレーションチューブとウオーターキャリーを
店内 sports DEPOで。

他メーカー品が2セットほど有るんですが、
どう言う訳かチューブもバッグもカビだらけで使う気になりません。

心機一転!今年も頑張るぞって事で、お買い物。( ̄^ ̄)ゞ

27日 AM6:30
夜明けが早くなった、今、畑にムクドリが来てる。
去年の秋からムクドリもヒヨドリも全く見なかったので、少しほっとしてる。
この辺り(愛知、三重)では、今年は全く見かけなかった情報が多かったが、年によって色々なんだなぁ~って。
野鳥が少ないと本当に淋しい、姿を見てるだけでなんだか気が休まる。
今年はいっぱい来てほしいな。

出産祝い

20120226-105423.jpg

北区大曽根 【伊勢久兵衛】店主から (甥っ子)出産祝いのお返しが届きました。
長男の誕生です、名前は大知君、名前のように大きく元気に育って欲しい。

この歳になると子供の誕生は本当に嬉しい、親戚であろうが無かろうが。
みんな元気に産まれて元気に育て!