忘年会

(null)

(null)
新東名、引佐iCを降りて渋川方面に向かうと”コテージてんてんゴーしぶかわ”
というオートキャンプ場が有ります。

忘年会はこの施設に向かう途中の道路右側にある
“関西風お好み焼き屋”さん(名前は無い)のご主人夫妻を訪ねての忘年会でした。

とても濃厚なご夫妻が浜松から渋川に引っ越され頑固なまでに、こだわりの生麺使って1日10食、幻の限定生麺焼きそば売っているので、
こちらも濃厚には濃厚で対峙しようかと、濃いめのKSCメンバーと向かいました。

対決場所は”渋川てんてんゴーコテージ”
土曜、日曜と営業日のこだわり添加物なしの関西風お好み焼き屋さんですが、
この日は対決のためにお店はお休みだそうで、幻の添加物なしこだわりの幻生麺 焼きそばは食べれませんでした。

で、てんてんゴー対決ですが…………

(null)

(null)

(null)

いきなり勝敗が………こっちの負け(。-_-。)

(null)

(null)

鴨鍋とアンコウ鍋、ご夫妻のお友達夫妻 持参、厚岸生牡蠣でとてもグルメな
忘年会の夜はふけます。

木枯しか?

(null)
突然、冬ですね、冬タイヤに交換しようかと修理屋さんに電話したら
来週にして欲しいって!
考えることは皆同じらしい(。-_-。)
で、時間ができたので薪ストーブ出してみました。 (^○^)
暖かい♪

五箇山

(null)
七尾まで開通した能越自動車道から東海北陸道に入り9キロの長いトンネルを
一つ抜けると五箇山IC、五箇山はまだ富山県、岐阜県の白川郷に比べるとさほど有名では有りませんが、越中五箇山 菅沼集落と言い少しばかり規模は小さくとも白川郷と同じ世界遺産なのです。

(null)

(null)

少し時間も早かったのでここに立ち寄って帰りました。
お江戸の時代、五箇山を流れる庄川の対岸は罪人の流刑の地でもあった様です。

和倉温泉に

(null)

(null)
カヌーあいらんどのナベちゃん訪ねてみました。^o^

ここは和倉温泉のど真ん中、寝込みを襲ってコーヒーご馳走になってさっさと帰ります。

(null)

(null)
能越自動車道が七尾まで開通したので七尾からお家までは自動車道路だけで
行き来出来るようになりました、非常に便利です。

老後の生活設計に役立ちそうです、ちょくちょく訪ねねばですね。

自動車道のパーキング、
県境が線引きしてあるって地図上だけかと思ったのですが……。
今度山ん中を探索してみようかと思っちゃいますね。(-。-;

(null)

(null)

(null)
さすがに富山ですね、現役でコスモが走ってます、持ち主は同年代で
頼もしい限りです。

土曜日は

(null)
朝から東海北陸道、北陸道を乗り継いで富山まで寿司食いに行ってきました。

富山IC下車して国道41号線を富山市内に向かうと左側にお店が。

すし王かと思いきや、すし玉です富山人は謙虚ですね(^○^)

回転寿司ですが地物ネタで美味しいです、ランチには最高でした。

(null)

(null)
その後、ふらふらと魚津港へ、
岸壁でサヨリが釣れてましたが私はルアーフィッシング、もちろん坊主でしたね。(なぜか自慢げ!)