爆釣♪

三方五湖から常神半島に入るには塩坂越トンネルを越えるのですが、トンネルを抜けるとそこから景色が一変します。

表現力に欠けるので、上手く説明は出来ませんが湖と海の違いでしょうか、とにかく晴れた日は感動もんです。

朝5:00に出発して小川港に着いたのが7:00過ぎ、

今日は海が穏やかでしたのでイージーライダーもアマは無しでの釣行です。


もちろん魚探は取り付けて、仕掛けは鯛ラバ仕掛けの上部にサビキを三本付けました。


上の写真、見えますかね?擬似バリですが。下の写真が鯛ラバ、丸い色付き重りにスカートひらひらさせてその中にハリが2本仕込んであるヤツです、人も魚もスカートひらひらさせられると、どうやら引っかかるみたいです。



港入り口、テトラの灯台の少し沖に根が有るのですが先ずは魚探でそこを探して攻めました。

8:00からお昼まで、カサゴが多かったですが、その他 メバル、小鯛、25センチ越えのアジまで飽きる事なく釣れました、本命の鯛は小さかったけど、大漁でした。氷持って来なかったので焦りましたが、無欲の勝利か!   ( ^ω^ )
ますますハマりそうです、
海況

ちなみに潮が行って無かったので鯛ラバは60g、サビキは幹糸5号1.5mハリス3号でした、水深は25〜40m   参考までに。

あ!釣果です^ ^

明日は


穏やかそうなので、日本海まで釣りに行って来ます。確実なのが夕まずめのメバルですが、船片付けるのが暗くなりそうなのでタイラバでノッコミ真鯛狙おうかと。

未だ早いかも ですが、まぁ穏やかそうなのでアマ無しでツーリングでも良いかなって。


そう言えば、日曜にも三方五湖行ったんですが、猿の群れが道路脇で集会してました、最近数が多いですから気を付けたいですね。

遊んで暮らす


一生懸命働いたのだから、60過ぎたらリタイヤしたいと頑張ったのだが、やっと労働の呪縛から解放されるかと思われたのが65も過ぎた昨今。

さて、遊んで暮らすぞと意気込んで旅行してみたモノの、どうやら遊ぶのにも準備期間が必要らしい事に気づいた。

旅行から帰ってみても満足感が得られない、足りないから明日からまた行くかと思っても心の内は、いやいや、そうでは無いぞと言う。

昨日、若社長から「明日は会社の配電盤を替える工事をするので、留守番をお願いします」と言われて電気工事屋さんの相手をさせられたのだが、終わってみるとコレが何とも心地良いのである、

はて?この心穏やかな何とも言えない充実感は一体何だろうか、そうか、俺は未だ労働の呪縛から解放されてないのだ、遊ぶにも其れなりに準備期間が必要であり、リタイヤするにもリハビリが必要なんだと。

それとも一番心穏やかなのは、無責任な小規模労働に遊びを絡める事なのかも知れないな。  

何れにしても遊んで暮らすのも楽では無さそうである、達人には程遠い。

総括


今回、カヤック釣り目的の奄美遠征は、全体的にはまぁまぁの結果でありました。

アマ付きのEZライダーの性能は抜群、釣り場までの5キロを全くストレス無しで漕げた、これは無理やりのアマ注文を引き受けてくれた威能スタジオさんに感謝しています。

時期的に青物には少し早い釣行でしたので、釣果は仕方ありませんでしたが、一番の収穫はアマニコの白畑お兄ちゃんと仲良くなれた事、今度からの釣行はお兄ちゃん無しでは語れない事になりそうで^_^

写真は唯一青物と思われる当たりのジグの歯型、もうひと月もすれば青物が入って来そうです、また行きます。


帰路の阪神航路は大荒れでした、食事以外は終始ベッドで横になる状態で辛かった。

しかしその中でも色んな人間模様が楽しめる船旅は、一味違うと思います、病みつきになりそうでもある。


せっかく釣った魚はクーラーの氷を替え替え持って帰りました。さすがに刺身とは行かず開いて一夜干し、美味しく頂きました。

旅の後始末したらまた、何処へ釣行するか考えます。( ^ω^ )

奄美最終日

いよいよ今日でお別れですが、なんせ阪神航路の乗船受付が明日の午前3時なので今夜は地獄です。

昼間は龍郷町のこの半島あたりでうろうろして道沿いの東屋でコーヒー沸かしてランチしたり山登ったり土産物屋のビッグⅡ でお土産買ったりして過ごしました。




山でアマミノ黒ウサギ探したりしましたが、見つかる訳でもなく、仕方なくアマミノクロカラスで妥協。

今午後8:30、Wi-Fiの有るミスドでブログってますが此処も9:00には閉店であと6時間持て余します。

ジョイフルに顔見知りになったネェちゃん勤めてれば無駄話出来ますが、どうやら辞めたみたいで期待薄、港で寝るかな。

そろそろ追い出されそうです。